マンション暮らしに最適な二段ベッド|調湿性の高いすのこベッドとは

湿気が溜まりにくい

睡眠

すのこベッドは、通常のベッドとは違い湿気が溜まりにくい構造となっています。カビやダニの発生を抑えられるので、アレルギーに悩む人にとってありがたいベッドでしょう。最近では流行のフレンチカントリー調のすのこベッドもあるため、部屋のインテリアにも合わせられます。

読んでみよう

集中力を高められる机

勉強

学習机であれば、綺麗な姿勢を保ったまま学習させられるので、子ども部屋には必須の家具となります。特に木製の学習机であれば、デザイン性も優れているほか、フィトンチッドによる集中力強化の作用が得られるので、学習机としては最適なのです。

読んでみよう

省スペースに有効

寝具

マンションやアパートで暮らす子育て世帯にとって、重要なことといえば省スペースでしょう。賃貸物件は部屋の大きさも限られているので、設置できる家具の数も限られたものとなります。もっとも部屋のスペースを取る家具といえば、眠る時に使用するベッドでしょう。およそ一畳分のスペースを取ることとなるため、いくつも設置するとそれだけで部屋のスペースが埋まってしまいます。子どもが大勢いる家庭となれば、ベッドを置くスペースをどうするべきか苦慮することとなります。そういった家庭にオススメできるのが、二段ベッドです。ベッド一台分のスペースで、二人の子どもが眠れるので、限られたスペースの部屋でも快適に暮らせるようになるでしょう。

二段ベッドを購入する場合、問題となるのが子どもの成長です。思春期に差し掛かった時、多くの子どもは二段ベッドの使用に抵抗を覚えるようになります。二段ベッドは同じ兄弟または姉妹で使うものとなるため、上の段に寝ている兄弟から眠っている姿を見られてしまうことで、個人のプライバシーを侵害されてしまうのです。思春期に入るとプライバシーを守れる一人部屋が欲しいと多くの子どもは訴えますが、一人部屋がある家へ簡単に移り住むことはできないため悩みどころとなります。このような状況で活用できるのが、下段が分離できる二段ベッドでしょう。下の段のキャスターを動かすことで移動ができるベッドなら、成長後も別々の部屋で寝かせることができます。子供部屋が一つの場合、アコーディオンカーテンやパーテーションで部屋を中央から区切り、二段ベッドを別々の場所へ移動させれば、一人部屋を簡単に与えることができます。

コンパクトで使いやすい台

ちゃぶ台

一人暮らしの世帯に人気となっているのが、一人用の小型のちゃぶ台です。簡単に折りたたんで片付けることができるので、狭い部屋でも快適に使用することができます。来客が訪れた場合に使用できるよう、複数の小型のちゃぶ台とセットになっている製品も人気です。

読んでみよう